横山裕という人

ソロコン、楽しかったにもかかわらず、
というより楽しすぎて、日が経つにつれてもやもやしてます(笑)
ものすごい個人的な思い込みを下記につづってます。
楽しくて幸せな時間を過ごして、こんなネガティブなことを考えてる自分が信じられません。


今回、運良くソロコンに入れて、本当に本当に楽しいーって思える時間を過ごせました。
見ていて感じたのはヨコは本当に関ジャニ∞が好きで好きで大好きなんだなーってこと。
関ジャニ∞が好きで、メンバーが大好きで、尊敬していて頼りにしていて。
この人についていけば大丈夫、ついていきたい、と思う反面
でも、だからこそ、彼が留まりすぎてしまわないか、と考えてしまって。
「自分の好きなこと・やりたいこと」以上に「自分に求められていること」を考えられる人だからこそ。
横山裕として、ではなく、関ジャニ∞横山裕として行動しようとし過ぎないか。
自分のこと以上に、関ジャニ∞とメンバーのことを考えて、譲ってしまうんじゃないだろうか。
そんな風なことを、考えてしまって。
きっと横山裕がやりたいことを考えたときに関ジャニ∞やメンバー関ジャニ∞のファンのことを思ってしまうのは彼にとって当たり前のことで、関ジャニ∞ありきの横山裕だと思ってくれているのが私たちファンもすごく嬉しくて、だから横山裕のことが好きで。
でも、彼が関ジャニ∞が好きで、関ジャニ∞の自分を感謝すればするほど思ってしまう。
関ジャニ∞として、関ジャニ∞横山裕として求められることだけでは、関ジャニ∞も彼自身も今以上になることは難しいんじゃないか、って。


こんなにもエイトのことを愛している横山裕だからこそ、愛しい人のはずなのに、こんなことを考えてる自分がイタイのは分かってるんですけどねー。
横山裕関ジャニ∞を好きなことが、関ジャニ∞にとって武器でも、横山裕にとって弱点になって欲しくはない。
しかも、こんなことを考えるくせに、予想を裏切ってくれるはず、と信じているっていう、もう、どうにもこうにも矛盾しすぎて自分でも訳分からん状態です。


これは、たぶん、私がなんだかんだ、関ジャニ∞の要はこの人だと思っているから考えすぎてしまっているだけなんだろうけど。
なんで、こんなこと考えるんだろうなー。
ま、後から笑うためにもここに残しておきます。



ただ甘いだけの人じゃないのは重々承知してます。
じゃなきゃ、10年も頑張ってここまできていない。